最近では効果の高い育毛剤がドラッグストアでも簡単に手に入るようになりましたが、トラブルも増えているのが現実です。育毛剤で反対に毛が抜け始めてしまった!なんてことも!?そんな不安を抱えている方にミノキシジル育毛剤についてわかりやすくご説明します。

このサイトには、医療面で信頼性に欠ける情報、薬機法に抵触している情報、引用の範囲を超えて著作権を侵害している情報が含まれている可能性があります。十分ご注意の上、読み進めくださいますようお願いします。
目次
ミノキシジル育毛剤ってどんな育毛剤?
ミノキシジルの3つの効果とは?
血行が良くなり発毛しやすくなる
抜け毛の減少
髪のボリュームアップ
ミノキシジルに副作用はあるの?
頭皮のかぶれが起こることも
血圧が下がる
多毛症になることがある
薄毛の悩みを解決する3つの方法
生活習慣を整える
免疫力を上げる
ミノキシジル育毛剤を試す
ミノキシジル育毛剤ランキングベスト3
リアップ×5
ロゲイン
カークランド
育毛剤を使うときは頭皮の状態を見ながら低濃度から!
ミノキシジル育毛剤ってどんな育毛剤?

ミノキシジル育毛剤は現在話題になっているAGAと呼ばれる、男性型脱毛症などで薄毛に悩む人などのために開発された発毛を促進する薬品です。

ミノキシジル育毛剤の主成分ミノキシジルの成分がはもともと、血管拡張剤として高血圧の人のために血圧を下げるための薬として使用されていましたが、近年研究が進み発毛を促進することが解明され育毛剤として商品化されました。

また、その効果は医学的にも効果が認められておりAGAの治療に病院や様々な種類の育毛剤として活用されるようになっています。

ミノキシジルの3つの効果とは?
血行が良くなり発毛しやすくなる

ミノキシジルの成分は血管を拡張させることによって頭皮の血流が良くなることで毛根に栄養が届きやすくなると言われています。そのため発毛活動を停止した毛根から発毛しやすくなる効果があると言われています。

抜け毛の減少

ミノキシジルは弱って細くなった毛髪にも作用し、太く長く力強い毛を作る効果もあると言われています。そのため、今まで抜け毛が多かった人がミノキシジルの育毛剤を使用して抜け毛が少なくなったと感じる人がいます。

髪のボリュームアップ

ミノキシジルの血管を拡張させる効果によって、毛根の血行が良くなると言われています。血管が開いた状態になると髪へ栄養が充分に流れて行くため、そもそも生えている髪の毛にも栄養が行きわたり生きいきとした毛髪になることが期待できます。

生きいきと栄養が流れた毛髪は太く力強くなるためボリュームがアップしたと感じる人も多いようです。しかし、使い始めてすぐには効果を得るのは難しく根気強く使用する必要があります。

ミノキシジルに副作用はあるの?
頭皮のかぶれが起こることも

人によっては肌が弱かったり、ミノキシジルの成分が肌に合わない人などがいます。ミノシジルが肌に合わないと、頭皮がかぶれて湿疹ができたり、かゆみを伴うこともあります。

頭皮にかゆみやかぶれが出たらできるだけすぐに使用を中止するようにしましょう。続けて使用したりしてしまうと、かぶれが悪化しただれて毛髪が抜け落ちてしまう恐れもあります。

なるべく初めてミノキシジル育毛剤を使用する場合は頭皮以外の目立たない皮膚に塗布し、数十分放置して皮膚が赤くなったりかゆみが出たりしないか、確認してから使用するとよいでしょう。

また、ミノキシジル育毛剤は濃度が選べるので、なるべく低濃度がら使用を始めることで皮膚トラブルを防ぐことができます。

血圧が下がる

ミノキシジルは、もともと血圧を下げるための薬として使用されていたため血圧が低下するのではないかと言われています。しかし、市販されているミノキシジルは、血管や心臓に負担がかからないように作られていると言われているので、必要以上に心配する必要は無いようです。

もともと、ミノキシジル育毛剤を使用していて血圧が低下してしまうと言う副作用が報告されているようですが、その場合は内服薬と育毛剤を同時に使用していたりした場合に多いようです。また、ミノキシジルの内服薬は日本では認証されている薬では無いので、あまり使う機会はありません。

ただ、注意が必要なのは重篤な血圧低下を起こしたことがある人や、もともと血圧が低い人、血圧降下剤を内服している人はミノキシジルの使用をする場合は、主治医に相談するか、使用をしない方が安全でしょう。また、血圧低下が心配な人は使っている間は家庭用の血圧計などで、小まめに血圧を測るのもよいでしょう。

多毛症になることがある

ミノキシジルの成分は頭皮の毛だけでなく全身の体毛にも作用することが解かっています。特に腕の毛や、額、顔周りの体毛が濃くなったと感じる人がいるようです。

しかしこの多毛症の症状は個人差があるため、まったく症状の無い人もいるようです。また、この多毛症状が出やすいと言われているのが、ミノタブとも呼ばれるミノキシジルの飲み薬なので、市販の育毛剤では症状を感じる人は少ないとも言われています。

対処法も毛を剃ったり脱毛したりなどしか無いので、育毛剤を使用している間の多毛症は避けられないようで諦める人が多いようです。

薄毛の悩みを解決する3つの方法
生活習慣を整える

薄毛の原因はだんだんと医学的にも解明されはじめています。その一つの原因として、生活習慣や食生活、精神的ストレスなどで薄毛になってしまうと言われいます。

極端に睡眠時間が短かったり、睡眠時間は取れていても熟睡感が得られないなどの障害がおこると結果的にストレスとなり頭皮環境が悪くなることで薄毛になると言われています。睡眠は短時間でも質の良い睡眠を取ったり、眠れなくなったと感じるのであれば心療内科などを受診し睡眠がしっかり摂れるようにする必要があります。

また、食生活においても極度に脂肪分の多いものや甘いものを摂取し過ぎると、頭皮の毛穴詰まりを起こし薄毛につながると言われいます。食事はなるべく脂分の多いものは少なくするなどバランスを考えて摂取するなどしましょう。

免疫力を上げる

免疫力が落ちると、外側からの攻撃に弱くなり風邪をひきやすくなったり、病気にかかりやすくなってしまいます。頭皮も同じで免疫力が低下することで頭皮の状態が悪くなってもそれを治そうとする力が弱まってしまいます。結果薄毛につながってしまうと言われています。

免疫力を上げるためにも、まずは規則正しい生活習慣を行ったり、適度に運動を行うだけでも免疫力を上げることができます。

免疫力を上げるためには腸内環境を良好に保つことが良いとされています。納豆や乳製品、味噌などの発酵食品を摂取することで、腸内環境を正常に保つことができます。

ミノキシジル育毛剤を試す

日本で販売されているミノキシジルの育毛剤もだんだんと種類が豊富になってきています。数種類の濃度があり、自分の頭皮に合ったものを選べるようになったり、また価格も低価格なものも販売されているので、簡単に手に取ることができるようになっています。

また薄毛に悩む女性にも、女性用のミノキシジルの育毛剤などが販売されるようになっており、女性でも安心して使うことができます。

注意しなければいけないのは、現在は海外から輸入した育毛剤もインターネットから簡単に買えるようになっています。海外製品は濃度なども日本製に比べ高くなっていたり、また偽物も販売されていることがあるため、購入する場合は注意が必要です。

ミノキシジル育毛剤ランキングベスト3
リアップ×5

w675

第一類医薬品として指定されている育毛剤です。購入するには、薬剤師のいる薬局でしか販売されいません。最近では第一類医薬品を取り扱うインターネットショップもあるようです。

従来のものに比べてピリドキシン塩酸塩、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール か含まれています。
価格は、1本60ml入って7160円〜(※2016年5月23日現在)とやや高価ですが、効果があると答えた人が多いようです。

ロゲイン

ロゲインは日本国内では認可が下りていない育毛剤ですが、インターネット販売で輸入販売されています。認可が下りていないだけで、成分はほとんどリアップ×5と同等であるそうです。

価格は50ドル前後で日本円で5000円前後の価格(※2016年5月23日現在)となっており、同成分のリアップよりやや安価になっています。しかし、トラブルなどがあった場合など、日本で認可が下りていないので保障がされないため、使用する際は自己責任となってしまいます。

カークランド

コストコで販売されている育毛剤です。最近では日本でもコストコは展開していますが、残念ながら日本のコストコでは販売されていません。コストコの育毛剤も成分としてはほぼ他のミノキシジルの育毛剤と大きな成分の変化はありません。

しかし、やはり低価格で輸入販売しているため購入する人もいます。1本60mlが2本でおおよそ3000円前後の価格(※2016年5月23日現在)で販売されています。

育毛剤を使うときは頭皮の状態を見ながら低濃度から!
頭皮は人間の皮膚の中でもとても敏感な場所の1つとも言われています。また、その上にとても大切な毛髪があるため、頭皮の環境で毛髪が抜け落ちてしまうリスクも持っています。

とくに肌が弱い人はミノキシジルの育毛剤を使ってから、逆に頭皮環境が悪化してしまう人もいるためなるべく、少量や低濃度の物から使うように工夫して使用しましょう。髪を早く育てたいからと言ってたくさんの育毛剤を使用しても逆効果です。

また、高価な育毛剤を使用していても生活習慣や食生活が悪いと効果が無いとも言われています。毛髪や今後の健康のためにも一度見直してみるのもいいかもしれませんね。