プロペシアの通販~AGA育毛日記~

ミノタブ、ミノキシジル、フィナステリドで男の育毛

未分類

気になるAGAの治療費。医療保険が適用されないって本当なの?

投稿日:

AGA(男性型脱毛症)は治療できる時代になりました。諦めていた薄毛が治るなんて、素晴らしいことです。でも気になるのはその治療費。一説によると医療保険がきかないという話もありますし、病院によっても違うとかなんとか。AGAの治療費とは一体どれだけかかるものなのか、これから見ていきましょう。

このサイトには、医療面で信頼性に欠ける情報、薬機法に抵触している情報、引用の範囲を超えて著作権を侵害している情報が含まれている可能性があります。十分ご注意の上、読み進めくださいますようお願いします。
目次
AGAの治療費は高い
いろいろあるAGAの治療方法について
飲み薬による治療
塗り薬による治療
頭皮に注射する治療
植毛による治療
AGA治療の効果が現れる時期
効果の実感には最低数ヶ月から半年必要
早期の治療が成功のカギ
気になるAGAの治療費について
AGA治療は自由診療なので保険適用外
専門病院での治療費は?
一般病院での治療費は?
通販で治療薬を購入する場合
治療費だけでなく効果やリスクも考慮
AGAの治療費は高い

今やAGAは自分の意思さえあれば、誰でも治療を受けることができます。悩み多き男性にとっては、まさに希望の光、救世主と言っても過言ではありません。ただ保険が適用されない治療となるため、高額な治療費がかかることは覚悟が必要です。

いろいろあるAGAの治療方法について
AGAとは「Andro Genetic Alopecia」の略称で、男性型脱毛症と呼ばれるものです。これはジヒドロテストステロンという男性ホルモンの働きによって引き起こされる、文字通り男性特有の脱毛症です。AGAは遺伝的要素も関わっていて、以前はこれといった対処法もなく「遺伝だから」と諦めるしかありませんでした。

しかし現在では医療研究が進み、有効な治療法も見出されるようになりました。もはや諦める必要はないのです。

飲み薬による治療

ピン

AGAの治療に使われる服用薬として「プロペシア」があります。これはフィナステリドと呼ばれる成分の薬で、元々前立腺肥大症の治療薬として開発されました。しかし偶然にも脱毛に対しても効果があることが発見され、その後AGAの治療に使われるようになりました。

プロペシアの働きとしては、抜け毛・薄毛の原因となるジヒドロテストステロンの生成を抑える点にあります。このことから、この薬は発毛を促すというより、抜け毛・薄毛を防ぐ薬といえそうです。入手の方法としては、医療機関で診療を受け処方してもらう方法が基本的な方法です。

個人輸入代行で海外から取り寄せる方法もありますが、医療機関で入手し医師の指導のもと服用するのが安心です。

塗り薬による治療

プロペシアともうひとつAGAの治療薬として挙げられるのが「ミノキシジル」です。リアップという大正製薬の育毛剤で使用されている成分で、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

ミノキシジルは血管を広げ血圧を下げる作用があるのですが、元々は高血圧患者用の服用薬として開発されたものです。たまたま臨床投与にて発毛作用が判明し、また頭皮に塗ることでも発毛効果が確認され、AGA薬として使用されるようにました。

プロペシアと同じく個人で海外から入手もできますが、海外品には濃度の高いものもあります。その分効果が大きいとも言えますが、元々は血圧降下剤なので副作用の心配もあります。特に心臓や血圧に異常を抱えている人は要注意!プロペシア以上にその使用には慎重さが求められます。

頭皮に注射する治療

ミノキシジルは内服薬としても外用薬としても使えますが、一長一短な面もあります。内服薬としては大きな効果が得られやすい反面、副作用の危険や内臓にかかる負担が大きくなります。外用薬としては副作用などの心配が少ない反面、効果が得られにくいということがあります。

そこで登場するのが「メソセラピー」という、ミノキシジルを頭皮に注射器で注入する方法です。この方法は身体全体にかかる負担を減らし、薄毛部分の血管にダイレクトに働きかけるメリットがあります。注射を頭皮に打つのはちょっと怖い気もしますが、痛みを和らげる工夫もされるのでそれほど心配は要りません。

副作用のリスクが低く、頭頂部や前頭部などにピンポイントに効果が期待できます。難点は費用が高いこと。1回の施術で数万円は覚悟したほうが良さそうです。

植毛による治療

AGA治療の最終手段とも言うべき方法が植毛による治療です。植毛治療は文字通り髪の毛を植え付ける治療で、人工毛を植え付ける方法と自分の髪の毛を移植する方法があります。このうち人工毛植毛は拒絶反応のリスクが大きく、頭皮疾患となるトラブルが懸念されます。

自毛植毛は後頭部などから自分の髪の毛を移植するため、こうした拒否反応などの心配はないようです。いわば自分の髪の毛を有効活用する方法でもあり、自毛ゆえに自然な仕上がりが得られるメリットがあります。しかし移植できる本数や面積には限界があり、また頭皮に傷が残ってしまうなどのデメリットも否定できません。

さらに移植にかかる費用は1本当たり1,000円とも言われており、高額な出費を余儀なくされます。

AGA治療の効果が現れる時期
AGA治療は本当に期待できるのだろうか、どれくらいで効果が見えてくるのだろう?今までいろんな育毛剤を使ってもダメだった…そんな人にとっては治療費もさることながら、まずはその効果が気になるところですよね。

効果の実感には最低数ヶ月から半年必要

プロペシアやミノキシジルなどAGA治療薬の効果を実感できるまでには、どの程度の時間がかかるのでしょう?脱毛症とはヘアサイクルが乱れてしまった状態であり、その回復には半年〜数年かかると言われています。ヘアサイクルが回復して初めて、発毛・育毛の効果を実感できることになります。

すなわち最低でも半年間は治療を続けないと、効果は見えてこないということです。症状の程度や個人差などによりバラツキはありますが、数ヶ月から半年程度で効果を感じ始めるのが一般的です。これが早いと思うか遅いと思うかは人それぞれですが、少なくとも治療してすぐに効果を実感できるわけではありません。

我慢強く治療を続けることが大切になります。

早期の治療が成功のカギ

当たり前のことながら、病気やケガなどは早めに治療すればそれだけ早く治ります。早期発見・早期治療は、病気やケガに対する鉄則です。それはAGA治療に関しても同様です。薄毛の症状が軽い人と重い人を考えれば、症状の軽い人の方が早く治るであろうことは想像に難くありませんね。

早めに治療を始めればそれだけ治るのも早く、その分治療費も少なくて済みます。逆に放置すればするほど症状は進行し、治すのも難しく時間も費用もかさんでしまいます。それに年齢を重ねるほどに回復は難しくなります。

とにかく薄毛が気になり始めたら、なるべく早く治療を受けるのが得策です。

気になるAGAの治療費について
AGAは早目の治療することが大切なのはわかりました。でも、気になるのはその治療費ですよね?風邪で病院に行くのとはちょっとワケが違って、まだまだ特殊で高額な治療というイメージです。

果たしてAGAの治療費とは一体、どれくらい必要になるのでしょう?

AGA治療は自由診療なので保険適用外

まずひとつ言えることは、AGAの治療というのは保険の利かない自由診療であるということです。一般的な病気の治療の場合は保険が適用されるので、自分で負担するのは治療費の2〜3割で済みます。でもAGAの治療は保険の適用外なので全額自己負担となり、高い治療費を払うことになります。

AGA治療は命に別状のある病気の治療に当たらない、というのが医療保険の対象外となる理由です。このため美容整形などと同じく、基本的には確定申告にて医療費控除を受けることができません。

病気の治療であることが証明できれば控除可能!という話も聞きますが、いまひとつ確かではありません。税務署の担当者により解釈が異なることもあり、原則控除は受けられないと思っていたほうが良さそうです。

専門病院での治療費は?

AGA治療の専門病院の場合、その治療費の相場は1ヶ月20,000〜30,000円程度と言われています。一般の病院に比べるとその費用はおよそ2倍程度高いと言われていますが、専門病院ならではのメリットもあります。専門医であるがゆえに、例えばプロペシアとミノキシジルを組み合わせた治療など、幅広い治療が受けられます。

また専門病院であるがゆえの安心感や信頼感もあります。月数万円の費用はかかってしまうものの、それに見合うだけの治療は受けられると言っていいでしょう。

一般病院での治療費は?

一般病院でAGAの治療を受ける場合、おおむね専門病院の半額程度の治療費で済むのが一般的です。病院による違いなどはあるにせよ、1ヶ月10,000〜15,000円かかるというのが治療費の相場です。

一般病院での治療はプロペシアのみの治療というケースが多く、受けられる治療のバリエーションが少ない傾向にあります。このため症状の軽い初期段階などの場合はいいかもしれませんが、症状が進んでいる場合は厳しいかもしれません。

通販で治療薬を購入する場合

個人輸入代行で海外から治療薬を購入すると、1ヶ月10,000円以下の相場で仕入れることができます。病院で治療を受けることに比べると、一番安い費用で済むということになります。但し医師の診察を受けるわけではないので、薬の選択から用法・用量などすべて自己責任で行なうことになります。

海外品は高濃度のものも多く存在しているので、副作用などのトラブルに対し十分な注意が必要です。費用的には一番安いものの、医師の診断を伴わない分リスクも大きいと認識しましょう。通販での方法はお勧めしません。

治療費だけでなく効果やリスクも考慮
ピン

AGA治療は基本的には保険の適用外なので、治療費が高くついてしまうという現実があります。安く済ませるためにはリスクを負わなければならないことも…そういう意味において、治療費だけでなく治療の効果やリスクをよく考え対処することが大切ですね。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スカルプDで期待できる4つの効果と特徴や一緒に使うとイイ育毛剤とは

スカルプDは最近では芸能人のCMなどの影響や口コミなどにより、爆発的に売れています。しかし、実際に毛が生えたのか、気になっている方はいるかと思います。世の中で薄毛に悩んでいる人は20代を過ぎれば3分の …

no image

プロペシアとミノキシジルでAGAの対策!ハゲる4つの理由を解明

AGA、男性型脱毛症に悩まされている方は多くいます。そんな悩みを解消してくれるというのが、プロペシアとミノキシジルです。今回はそんな2つの治療薬について、詳しくご紹介していきます。 このサイトには、医 …

no image

バイアグラについて

バイアグラについてバイアグラは、安全性において世界でも高い評価を得ている製薬メーカー、ファイザー社によって開発された、EDを治療する画期的な内服薬です。 効能バイアグラは性的刺激による勃起を手助けする …

no image

ミノタブの効果で育毛パワー発揮♪血圧に関係も?5つの基礎知識!

ミノタブの効果は、育毛ケアを真剣に取り組んでいるかたにとって大きな期待が持てるといわれています。ただ、副作用や注意点もいくつかあるようです。内服タイプのミノタブの効果をはじめ、副作用などご紹介していき …

no image

フィンペシア通販「ミノキシジルって女性の薄毛にも効果があるの?副作用や注意点とは」

これまで男性しか利用できないと考えられていたミノキシジルでしたが、ミノキシジルは女性にも効果があるってご存知でしたか?でも、副作用など気をつけなければいけないことがあります。女性用のミノキシジルについ …

カテゴリー