止まらない鼻水、痒くてたまらない目、連発するくしゃみ…花粉症の症状のつらさは、なった人でないとわからないものですよね。少しでも症状を抑えたい!と悩んでいる人に、今回は花粉症に効く薬をご紹介します。処方薬と市販薬、どちらがいいの?という点についてもまとめましたので、参考にしてくださいね。

このサイトには、医療面で信頼性に欠ける情報、薬機法に抵触している情報、引用の範囲を超えて著作権を侵害している情報が含まれている可能性があります。十分ご注意の上、読み進めくださいますようお願いします。
目次
花粉症に効く薬について
花粉症の症状と風邪の症状の違いは?
花粉・ホコリからのアレルギー性鼻炎
風邪からの鼻炎
花粉症の市販薬を購入する前に
アレルギーの原因が分かっていること
他の病気の心配がないこと
妊娠中・妊娠の可能性がないこと
薬などによるアレルギー症状がないこと
花粉症の鼻水に効く市販薬人気ランキング
アレグラFX
ストナリニZ
スカイナーAL錠
エバステルAL
アレジオン10
花粉症の薬は市販薬と処方薬どっちがいいの?
市販薬と処方薬のメリット・デメリット
薬によって服用可能年齢が違う
花粉症に効く目薬は?
アイリスAGガード
ザジテンAL点眼薬
ノアールPガード点眼液
自分にあった薬を探そう
花粉症に効く薬について
毎年、花粉症の季節になると、日本から逃げ出したくなるくらい憂鬱になる人は、かなりいると思います。何とかして、薬でこの季節を乗り越えたいと、心から思いますよね。

そこで、花粉症に効く薬や目薬、処方薬と市販薬の違い、市販薬を購入する際に気をつけるべきことなどをまとめましたので、参考にしてください。

花粉症の症状と風邪の症状の違いは?
花粉症の薬に入る前に、まずはここから確認していきましょう。くしゃみ、鼻水…花粉症も風邪も同じような症状が出ますが、違う症状ってあるのでしょうか。これがわかってないと、風邪なのか花粉症なのかわからないまま薬を選んでしまい、なかなか効かない…といったことにもなりかねませんよね。

実は、風邪薬と花粉症の薬って、成分が違うのです。同じような症状だからといって風邪薬を飲んでも、花粉症には効きませんので、注意してくださいね。

花粉・ホコリからのアレルギー性鼻炎

花粉症と言われているのは、花粉がアレルゲンのアレルギー性鼻炎です。ホコリなどのハウスダストがアレルゲンとなっている人にとっては、ハウスダストによっても同じようにアレルギー性鼻炎などの症状が引き起こされることになります。

アレルギー性鼻炎の場合、サラサラとした、水のような透明な鼻水が出ます。すすり上げる間もなく、鼻から垂れ落ちてしまうような鼻水です。ティッシュを鼻の穴に詰めている、という花粉症患者の話も良く聞かれますね。

また、風邪と異なる一番の症状として、目のかゆみが挙げられます。これも、かなり辛い症状です。そしてこれらは、朝や夜に特にひどく現れてくるようです。

風邪からの鼻炎

アレルギー性鼻炎に対して、風邪による鼻炎の特長は鼻水に粘り気があることです。風邪を引いてしばらくすると、風邪のウイルスや白血球の死骸が混じるために、黄色から緑色のネバネバした鼻水に変わってきます。

また、目のかゆみはない反面、身体全体がだるく感じたり、喉が痛くなったりもします。花粉症では、喉の痛みはありません。

このような症状が見られたら、花粉症ではなく、風邪だということで、総合感冒薬を服用すればいい、と判断できます。

花粉症の市販薬を購入する前に
風邪との症状の違いを確認して、花粉症だと判断した場合、まずは手っ取り早く市販薬で何とかしたい!と思ってしまいますよね。でも、ちょっと待ってください!市販薬を購入する前に、確認してほしいことがあるのです。

アレルギーの原因が分かっていること

ピン

一度、病院で検査をし、アレルギーの原因(アレルゲン)がわかっている場合は、アレルギー性鼻炎用の市販薬(OTC医療品)を服用しても問題ないでしょう。でも、花粉症のような症状だったとしても、アレルギーの原因が花粉かどうかわからなかったり、そもそもアレルギー性鼻炎かどうかもわからない状況であれば、いくら市販薬を飲んでも、効果は期待できません。

他の病気の心配がないこと

他の病気で医師の治療を受けている最中であったり、持病を持っていたりして、病院から処方されている薬を服用している場合は、市販薬と言えども、自己判断で他の薬を合わせ飲むのは危険です。このような場合は、まず、かかりつけの医師に相談しましょう。

妊娠中・妊娠の可能性がないこと

他の薬でも同様ですが、妊娠中に薬を服用することはリスクが大きいものです。また、妊娠の可能性がある場合も、市販薬の服用は避けた方が無難です。

薬などによるアレルギー症状がないこと

市販薬にも含まれるような成分にアレルギー症状を起こす人もいます。一度、そのような症状を起こしたことがある人は、市販薬を飲む前に、アレルギー症状を起こす成分が含まれていないかどうか、確認するようにしましょう。

花粉症の鼻水に効く市販薬人気ランキング
とにかく時間がないので、この症状を市販薬で何とかしたい!そう思っても、今では花粉症に対する効果を謳った薬はたくさんあって、どれを選んだらいいのかわからない!という人も、かなりいると思います。そこで、花粉症の鼻水に効く市販薬の人気ランキングをご紹介しましょう。

アレグラFX

良く効く花粉症の薬は、それだけ眠気も起きやすい、というのが困る点です。その中でも、主成分がフェキソフェナジン塩酸塩である「アレグラFX」は、アレルギー性鼻炎に良く効く薬の中でも、もっとも眠気が起きにくいと評判です。1日2回1錠を服用します。口が渇きにくい、空腹時にも飲める、という特長もあります。

【第1類医薬品】【メール便対応!送料無料!】アレグラFX 28錠  久光製薬 アレルギー専用鼻炎薬■ 要メール確認 ■薬剤師の確認後の発送となります。何卒ご了承ください。【P25Apr15】
Rakuten ichibasponsored
【第1類医薬品】【メール便対応!送料無料!】アレグラFX 28錠  久光製薬 アレルギー専用鼻炎薬■ 要メール確認 ■薬剤師の確認後の発送となります。何卒ご了承ください。【P25Apr15】

¥1,697 (2016/06/29 00:57時点)

販売サイトへ
ストナリニZ

セチリジン塩酸塩を配合したアレルギー性鼻炎専用の薬「ストナリニZ」も、第2世代の抗ヒスタミン薬なので、眠気の副作用が極めて低いようです。セチリジン塩酸塩は、かゆみアレルギーに処方されることもある成分です。1日1回1錠で鼻炎症状を抑えてくれるのも嬉しいポイントです。

注意したいのが、似た名前の「ストナリニS」という鼻炎の薬があること。こちらも、鼻炎に良く効く一方で、眠気の副作用がかなり高く、人によっては頭痛が出たりすることもあるようです。

【第1類医薬品】ストナリニZ(14錠)【ストナリニ】
Rakuten ichibasponsored
【第1類医薬品】ストナリニZ(14錠)【ストナリニ】

¥1,880 (2016/06/22 12:41時点)

販売サイトへ
スカイナーAL錠

アゼラスチン塩酸塩が有効成分の「スカイナーAL錠」は、アレルギー性鼻炎や、食物などが原因による皮膚のアレルギー症状に効くとされています。また、アゼラスチン塩酸塩は、鼻水だけでなく、鼻づまりも抑える効果があります。一方で、眠気の副作用は少なからずあるようです。1日2回2錠を服用します。

【第2類医薬品】スカイナーAL錠 24錠 【税込】 エーザイ スカイナ-AL24T [スカイナAL24T]【返品種別B】【RCP】
Rakuten ichibasponsored
【第2類医薬品】スカイナーAL錠 24錠 【税込】 エーザイ スカイナ-AL24T [スカイナAL24T]【返品種別B】【RCP】

¥905 (2016/07/28 14:15時点)

販売サイトへ
エバステルAL

抗ヒスタミン薬のエバスチンを配合した「エバステルAL」も、眠気の副作用がきわめて低く、口の渇きが起きにくい特長があります。1日1回1錠で効果が持続するのもポイントです。

アレジオン10

エピナスチン塩酸塩が有効成分のアレルギー専用鼻炎薬「アレジオン10」も、アレルギー性のくしゃみや鼻水、鼻づまりを抑える効果があり、眠くなりにくく、口が渇きにくい処方です。1日1回1錠を服用します。

また、エピナスチン塩酸塩を医療用と同量配合した「アレジオン20」も市販されています。眠くなりにくいのは「アレジオン10」と同じなので、効き目が弱いと感じた場合は、「アレジオン20」を試してみてもいいかもしれません。

【第2類医薬品】アレジオン10 12錠(12日分)【メール便(送料込)】 ※時間・日時・代引は不可
Rakuten ichibasponsored
【第2類医薬品】アレジオン10 12錠(12日分)【メール便(送料込)】 ※時間・日時・代引は不可

¥1,296 (2016/07/28 14:16時点)

販売サイトへ
花粉症の薬は市販薬と処方薬どっちがいいの?
花粉症に効く市販薬をいろいろご紹介してきましたが、市販薬と病院の処方薬、どっちがいいのでしょうか?少し確認してみましょう。

市販薬と処方薬のメリット・デメリット

ピン

市販薬の一番のメリットは、薬局で気軽に購入できることです。診療時間内に病院に行ったり、診察を受けるまでに長時間待たされたり、安くない診療費を払ったり…といった、手間・時間・費用を削減できます。また、大きな副作用がないことが確認されているなど、安全面でもメリットがあります。もちろん、効き目は処方薬とほぼ同等であるものがほとんどです。

一方で、処方薬には、専門医が診察し、その人の症状を判断した上で、適していると判断した薬を処方してくれるというメリットがあります。市販薬は安全とは言え、あくまでも自己判断での服用となるため、注意が必要となります。

薬によって服用可能年齢が違う

大人が服用する市販薬は、ほとんどが15歳未満は服用できないことになっています。そこで、子供の花粉症には小児用の薬を用いることになりますが、生後3ヶ月から飲めるものもあれば、5歳以上でないと飲めないものもあるなど、薬によって服用可能となる年齢が違っていますので、注意が必要です。

病院では、子供の年齢や体重に合わせて量を調整した薬が処方されますので、安心して飲ませることができます。

花粉症に効く目薬は?
花粉症は、鼻水と並んで目のかゆみもつらい症状です。そこで、花粉症に効く目薬をご紹介しましょう。

アイリスAGガード

ピン

抗アレルギー成分を配合した「アイリスAGガード」は、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンなどの発生を抑えて、目のかゆみを改善してくれます。メントール入りでスッキリとしたさし心地です。

ザジテンAL点眼薬

「ザジテンAL点眼薬」はアレルギー専用の目薬で、医療用の「ザジテン点眼液」のスイッチOTC薬(医療用成分の有効性や安全性に問題ないと判断されて市販薬となったもの)です。つまり、医療用と全く同じものなんですね。目のかゆみが改善されます。

ノアールPガード点眼液

「ノアールPガード点眼液」は、医療用成分ペミロラストカリウムを配合した目薬で、抗ヒスタミン薬とは別の方法でアレルギー症状を抑えるケミカルメディエーター遊離阻害作用を用いています。目のかゆみを改善します。

自分にあった薬を探そう
とにかく、つらい症状を何とかしたいというときには、今回ご紹介した市販薬の服用や点眼を試してみてください。ただ、効く・効かないや、眠くなりにくさというのは、薬と体質との相性にもよります。用法を守った上で、ご自分の判断で、一番良いと思われる薬を探してくださいね。