ロニテンプロペシア通販ガイド
ロニテンとプロペシアの併用による相乗効果とそれぞれの副作用について紹介しています。↓↓↓本年度売上No.1の最強育毛剤↓↓↓
M-1発毛・育毛ミスト
プロペシアTOP > ロニテン
ロニテンとは
ロニテン

ロニテンとは、血管拡張作用のある有効成分「ミノキシジル」を主成分とした飲むタイプの錠剤型育毛剤です。

発毛促進効果があるため、主に男性型脱毛症(AGA)の治療薬として用いられており、FDA(アメリカ食品医薬品局)にも正式に承認されています。

現在、AGA治療薬としてFDAに認可されているのは、ミノキシジルと、抜け毛防止薬「プロペシア」に含まれる「フィナステリド」のみとなっています。

ロニテンには、1錠あたりのミノキシジル含有量が5mgのものと10mgのものの2種類があり、5mgはそのまま、10mgは錠剤カッターなどで二分割して使用します。

ロニテンの効果

ロニテンに含有される「ミノキシジル」は、もとは血圧降下剤として、高血圧症患者に処方されていた薬です。

しかし、使用者に多毛症の症状が見られたことから、育毛剤としての使用法が注目され始め、現在ではFDAの認可を受けて世界中でAGA治療薬として使用されています。

ミノキシジルの育毛剤としての効果は、血管を拡張させることにより血流増加を促すもので、血中から栄養素を取り込んでいる毛乳頭を活性化させる効果があります。

毛乳頭が取り込んだ栄養素は毛母細胞に送られ、活発化した細胞が分裂・増殖を繰り返すことで毛髪が生成されます。

そのため、血行促進は毛髪形成のために必要なプロセスとされ、ミノキシジルが育毛剤として使用されている理由となっています。

ミノキシジルを使用した育毛剤としては、外用薬タイプの「ロゲイン」がありますが、ロニテンは直接経口して使用する分、ロゲインより高い効果を得ることが出来ます。

プロペシアとの併用で相乗効果

AGA治療薬として有名な薬として、同じく経口型の育毛剤「プロペシア」があります。

プロペシアには「フィナステリド」と呼ばれる有効成分が含まれており、前述の通り、ミノキシジルと並んでAGA治療薬としてFDAの承認を受けています。

AGAにおけるフィナステリドの効果は、最たる脱毛原因のひとつと言われる「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を阻害するところにあります。

DHTは男性ホルモンの一種で、同じく男性ホルモンの「テストステロン」が「5α-リダクターゼ」の作用により変換して生成される物質です。

フィナステリドは5α-リダクターゼに働きかけ、テストステロンとの結びつきを阻害し、DHT生成を防ぎます。

このフィナステリドを含むプロペシアと、ミノキシジルを含むロニテンを併用すると、脱毛を抑制しながら発毛を促進するという相乗効果を期待することができます。

そのため、プロペシアを使用している人は、ロニテンも同時に摂取しているケースが多く見られます。

併用の際の副作用

プロペシアもロニテンも、それぞれ副作用のリスクを内包しています。

プロペシアの場合は性的関連の副作用が主で、性欲減退や勃起不全などの症状が起こる可能性があります。また、ロニテンでは、体毛が濃くなる、かぶれなどの頭皮トラブルが起きるなどの副作用が報告されています。

しかし、双方とも発症率は全体の数%程度と極めて低く、また、万一発症したとしても軽微で済むものがほとんどです。

プロペシアもロニテンも、単独使用であれ併用であれ、用法と用量を守って使用すれば、副作用の危険性はほとんどありません。

ロニテン ⇒ロニテンの個人輸入代行店
AGAの治療薬「プロペシア」
AGA(男性型脱毛症)とは
AGAの原因
AGAの治療薬「プロペシア」
プロペシアの基礎知識
フィナステリドとは
日本では万有製薬が販売
プロペシアの効果の理由
プロペシアの効果の実情
プロペシアの副作用
プロペシアを飲もう!
プロペシアの入手方法
プロペシアを安く入手する方法
プロペシアのジェネリック医薬品
プロペシアの偽物と詐欺に注意!
プロペシアの飲み方・服用方法
プロペシアの初期脱毛
プロペシアの耐性問題
フィナステリド系育毛剤
プロペシア
フィンペシア
プロスカー
フィンカー
ミノキシジル系育毛剤
ロゲイン
ミノキシジルタブレット
ロニテン
ザンドロックス
スペクトラルDNC

© Copyright 2009 プロペシア通販ガイド All Rights Reserved