その必要な効果とともに、薬はいくつかの望ましくない効果を引き起こす可能性があります。これらの副作用のすべてが発生するわけではありませんが、発生した場合、医師の診察が必要な場合があります。
以下の副作用が発生した場合は、直ちに医師に確認してください。
より一般的 – 速いまたは不規則な心拍 – 5ポンド(子供の場合2ポンド)以上の体重増加 – 急速でない – 一般的ではない – 胸の痛み – 息切れ – 次のいずれかの副作用発生する:
より一般的なこと – うつ病 – 紅潮 – 発疹や発赤 – 足や下肢の腫れ – あまり一般的ではない – 手や足や顔のうっ血やうずき – 希少性 – 皮膚発疹やかゆみ – 通常は医学を必要としない副作用注意。これらの副作用は、あなたの体が薬に合うように治療中に消え去ることがあります。また、あなたのヘルスケア専門家は、これらの副作用のいくつかを予防または軽減する方法を教えてくれるかもしれません。以下の副作用のいずれかが継続している、または煩わしい場合、またはあなたに質問がある場合は、医療従事者に確認してください。
より一般的な – 通常、顔、腕、背中の髪の成長の増加 – あまり一般的ではありません – 男性と女性の胸の優しさ – 頭痛 – この薬はほとんどの人の髪の成長の一時的な増加を引き起こします。男性と女性の両方で髪が長くて暗くなることがあります。これは、最初にミノキシジルを服用し始めてから数週間後に顔に気付くことがあります。後で、新しい髪の成長は、背中、腕、脚、および頭皮に気づくことがあります。この間、シェービングやヘアリムーバーの使用について医師に相談してください。ミノキシジルでの治療が終了した後、新しい毛の成長がなくなるまで数ヶ月かかることがありますが、毛の成長は止まります。
列挙されていない他の副作用も、一部の患者で起こり得る。全著作権所有。

日本国内においてもミノキシジルを成分とした内服薬であるLoniten(ロニテン)及びそのジェネリック医薬品を個人輸入の形で入手する事ができるだが、国内では未認可の薬である上、普通の使いどころは高血圧の治療のための血管拡張薬であり、服用する事によって重篤な症状を引き起こす確率があるので配慮が必須である。

なお、ファイザーはワールドワイドスケールでOTCビジネスをジョンソンエンドジョンソン(J&J)に売り渡ししたため、ロゲインの販売元はJ&J傘下のMcNEIL(マクニール社)に移管されている。

その上、成分が母乳中に移行するため、リアップシリーズでは授乳する乳児がいるケースでの使用は禁忌である。

同時分に国内で承認・上市した(医療用医薬品)バイアグラと共に生活改善薬として流行を博し、発売最初は品薄状態が続いた。

多量のミノキシジルは低血圧のきっかけとなる確率がある。

内服薬としては副作用が発見されたため[1]頭部に塗布する液状の外用薬として売られている。

)。

(脱毛の治療#ミノキシジル参照)リアップ日本ではミノキシジル成分の医療用医薬品が未リリースであるが、大正製薬が一般用医薬品(大衆薬)として開発を行い1999年からミノキシジル成分1%のリアップとして発売開始された(ダイレクトOTC第1号製品)。

これは2009年の改正薬事法施行により第一類医薬品に指定されたため、法規制が強化された。

毛成長のメカニズムについては、毛乳頭細胞や毛母細胞の活性化と解説されているが、詳細は未だ分かっていない。

ミノキシジルの使用中は脱毛を止められるが、使用をやめると再び起こり始める。

ロゲインの副作用で死者が出た事はリアップリリース前からワイドショーやスポーツ紙を中心に報道されていた為、「いきなり誰でも買えるOTC(大衆薬)で売り出しするのは危うい」とする医者・薬剤師・業界係り者などの識者も多く、ショッピング時に「薬剤師」へ折衝する不可欠があるにも関わらず大正製薬への服用折衝も多く寄せられた、大正製薬はニュース発表を公表[4]すると共に、ショッピング時の既往症などの参考にを強化するよう提供店に指導した。

2005年には女用のリアップレディもリリースされ、2009年にはミノキシジルを5%配合したリアップX5(男性用)がリリースされた。

薬液の使用箇所におけるニキビの生じて頭痛、意識朦朧多毛症性的不能重い低血圧不整脈、動悸皮膚の紅潮霞み目手、足、顔のしびれや苦痛性欲減退胸の苦痛急速な体重増加下肢、手、足、顔のむくみニキビを除き、上述の症状は薬剤の使いすぎの目安になるとされるが、そうでなくても発症する見込みは有るので発症した時は即ちに医師の所見を受ける事が強く薦められる。

日焼けした頭皮に使用する時に見られがちであるが、ワセリンやトレチノインと併用すると薬剤の過剰な吸収が起こりえる事が知られている。

ミノキシジルやロゲインなどの外用薬に内蔵される基剤成分・プロピレングリコールに対するアレルギー反応がたびたび見られる。

副作用脱毛に対抗する薬なので、最も一般的な副作用は頭皮の痒みである。

但し、ミノキシジル濃度が濃くても発毛成果に差は無いという指摘も有る[要検証?ノート][3]。日本では一般用医薬品として大正製薬からリアップ®シリーズが市販されている。

目次1概要1.1リアップ2副作用2.1重篤な副作用3脚注・出典概要1960年代にアップジョン社(今現在のファイザー)が創製し、高血圧の経口薬として用いられていた。

あまり一般的ではないが、他の副作用には以下のようなものがある(リアップの添付文書には具体的な症例を提示しつつ異変を感じたら薬剤師・医師に話し合いするよう促す文章となっている。

ちなみに、リアップリリース前から今現在までリアップよりも主成分が芳醇で廉価である要因でロゲインの個人輸入も多く行われてきた。

ミノキシジルミノキシジルMinoxidil-2D-skeletal.pngMinoxidil-from-xtal-立体-balls.pngIUPAC命名法による物質名IUPAC名[表示]臨床データ胎児リスキー度分類C法的規制P(UK)fortopicaluseotherwisePOM投与方法経口/外用薬物動態データ代謝肝臓半減期4.2時排泄腎臓識別CAS番号38304-91-5ATCコードC02DC01(WHO)D11AX01(WHO)PubChemCID:4201DrugBankAPRD00086ChemSpider10438564KEGGD00418化学的データ化学式C9H15N5O分子量209.251g/molミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張薬として製作された成分。

重篤な副作用ロゲインの製作段階で3名、市販化されたリアップの使用中に3名(1999年末の時点)が薬品との因果結びつきは不明としながらも循環器疾患で死亡しており、後者に関しては2003年に長妻昭衆議院議員が質問主意書を提出し、同年9月に政府・厚生労働省からの答弁書で明らかになるまで販売元の大正製薬は発表しなかった。

ただし後に髪を育成し脱毛症を回復させる影響が発見され、1980年代にアップジョンがはげや脱毛症の治療用として2%のミノキシジル外用溶液を「Rogaine®」として提供しスタート出来た。

後に発毛成果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外ではRogaine(ロゲイン)®のアイテム名で売られている。

同じはげ治療薬のフィナステリドは薬理作用が異なるので併用が可能であり、なお併用した方が各々を個別に使用するよりも発毛効果を高める事が出来る[要引用][2]。また1999年の発売最初から2003年までに循環器系の副作用が500例寄せられている事も同答弁書で明らかにされた。