男性ホルモンは胎児期と思春期の男性生殖器の発達に大切であり、しかも男女ともに毛髪のレベルアップと性欲に重要な働きを持つ。

[7]5αリダクターゼの活性は頭皮のDHTレベルを判断する要素となる。

[10]しかし、マラソンなどの剛性の持久力運動(オーバートレーニング)を行った時、コルチゾールの働きによって、遊離テストステロンの土台ラインが下がる事が見極めされているため、[11]DHTの依拠ラインも下がると心積もりられる。

.[12]治療詳細は「脱毛の治療」を参照AGA遺伝子検査AGA遺伝子検査は男性ホルモン受容体であるアンドロゲンレセプター(AR)のDNAの塩基配列を調べる事によって行われる。

男性ホルモン受容体遺伝子(androgenreceptorgeneARgene)の遺伝的多型は脱毛に関連しており、この遺伝子はX染色体上にあるため、母方の祖父や祖母から遺伝する。

そして、常染色体の3q26や20p11上にも疾患関連遺伝子の影響が知られているため、父方の脱毛が息子の脱毛に関連することも知られている。

インスリン様レベルアップ因子1(insulin-likegrowthfactor-1IGF-1)の上昇は頭頂部の脱毛に関連している。

パーフェクトな禿髪になる事は稀である。

1998年に報告された、48名の男性と60名の女子を対象にしたわりと小規模な試験で、AGA患者でCAGリピート数が少なかったとの報告があったため[13]、日本ではAGAの遺伝子検査と称して、主にCAGリピート数が調査しられるようになった。

直近で日本で行われているAGA遺伝子検査は、大抵AR上の「cag」という三つの塩基と「ggc」の三つの塩基がリピートする数、いわゆる「CAGリピート」と「GGCリピート」数の合計を調べる検査である。

男性型脱毛症男性型脱毛症Alopecia.jpg分類および外部参照情報ICD-10L64DiseasesDB7773MedlinePlus001177eMedicinederm/21MeSHD000505男性型脱毛症(だんせいがただつもうしょう、androgeneticalopecia、androgenicalopecia、alopeciaandrogenitica、AGA)は、青年期以降に発症する進行性の脱毛症の事である。

ただし、その後、過去に行われた8つの研究をメタ解析し、2074名のAGA患者と1115名のコントロールを対比した結果、CAGリピート数、GGCリピート数とも、AGAリスクに関しての相関は認められなかった。

だいたい局所の医療組織で受ける事が可能なほか、我が家で頬の粘膜等を採取し、検査機構に送ることでも調べる事が可能な。

SHBGはインスリンにより下方制御(downregulate)される。

AGAは遺伝的な要素が大きく関わっており、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(dihydrotestosteroneDHT)の作用によって引き起こされる。

ウエイトトレーニングにより遊離テストステロンレベルが下がったという研究も(少なくとも一つ)存在する。

女の事例には「女子男性型脱毛症」(FemaleAGAFAGA)と呼ばれる。

男性のパターンとは異なり生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部総体の毛髪が細くなる。

[5][6]遊離テストステロンとは、5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変換される前駆体のことである。

[8]AGAの発症や進行には遺伝的な要素が大きく関わっている。

(訳注:「andorogeneticalopecia」は字義通りに訳せば「男性ホルモン型脱毛症」となる。

コルチゾールとは、ストレスホルモンの一種の事であり、精神的ストレスを受けることでも増加する。

DNAの解析は、大抵毛髪、爪、頬の粘膜、血液などの検体から、DNAを抽出して検査される。

一般的にAGAを患っている患者は遊離テストステロンが高い。

AGAは、前立腺癌と深く関連している。

GAGリピート数+GGCリピート数のレベル値を38とし、それより少ない事例は「AGA危険性大」、多々ある場合は「AGA危険性小」と判定されている。

こうした遺伝的多型が男女のAGAにおける脱毛リスクに係りしていると思われる。

しかも、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や禿髪となる。

性ホルモン繋ぎ合わせグロブリン(sexhormonebindingglobulinSHBG)はテストステロンと繋ぎ合わせしてその活性を抑え、DHTへの変換を抑制する。

「男性型脱毛症」という訳はむしろ「male-patternbaldness」に近いが、日本での通例としてこの訳を用いた)AGAの典型的な経過では脱毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退によりポイント的な「M字」パターンとなる。

5αリダクターゼ(5-alpha-reductase)は遊離テストステロンをDHTへと変換する酵素であり、大抵頭皮と前立腺に影響する。

[1][2][3][4]目次1脱毛と遺伝子2AGAに関連したホルモンのレベル3治療4AGA遺伝子検査5ポイント文献6関連項目脱毛と遺伝子研究者は両親から受け継いだ種々の遺伝子がAGAに関与していると考えている。

遺伝子は解析されている。

AGAに関連したホルモンのレベル男性ホルモンにはテストステロン、ジヒドロテストステロン、デヒドロエピアンドロステロン、アンドロステロン、アンドロステンジオンなどがある。

男性ホルモン受容体(androgenreceptorAR)はDHTや他の男性ホルモンに反応する。

DHTレベルが高い人は一般的にSHBGレベルは低い。

AGAの発症には、遺伝と男性ホルモンが関与しており、俗には身内性に現れる性質があると見られている。

ARには遺伝的多型があり、毛包での男性ホルモン受容体の感受性が異なる。

[。不可欠量が取れれば、検体の種類による検査結果の的確性に違いはない。

さらに、FDAによって脱毛症の治療薬として認可されている5αリダクターゼの阻害薬(フィナステリドのような、大抵タイプ2サブタイプを阻害するもの)の使用量を決める判断基準にもなる。

30年前の日本における男性型脱毛症の統計おいて、日本人男性の発症頻度は全年齢平均で約30%と報告されているが、この発症頻度は直近でもほぼ同程度である。

[9]程よくな有酸素運動の習性を着用する事で、DHTの土台ラインが大きく上昇する。