添加物製剤はビマトプロストの0.03%水溶液であり、防腐剤としてベンザルコニウム塩化物を含むので、コンタクトレンズを使用しているケースには、点眼前に外し、点眼後15分以上経過してから再装着する必要がある[1][2]。。

ビマトプロストは眼からの房水の流出量を増加させる事によって眼内圧(IOP)を低下させる[1][2]。脂質減少作用緑内障治療中の患者で、眼窩内脂質減少(眼周囲痩せ)作用が認められた[8]。2008年、睫毛を伸ばす適応で米国食品医薬品局(FDA)によって承認された。

有効性眼内圧(IOP)低下作用を観た対比臨床試験の結果、ビマトプロスト1日1回投与はチモロール1日2回投与に比較し、IOP低下作用が強く、他のプロスタグランジン類似体であるラタノプロストやトラボプロストと同等以上の効果を示した[4]。2007年11月、アメリカFDAはビマトプロスト含有化粧品について警告を発表した[17]。ビマトプロストは毛包に影響するプロスタミドαF2受容体を活性化し、そのランクアップを促進する。

副作用重大な副作用として添付文書に記載されているものは、点眼剤では虹彩色素沈着(12.38%)[2]、外用液では虹彩色素過剰と眼瞼溝深化(各0.2%)[15]である。

点眼液の治験での副作用現れて率は80.19%で、主な副作用は、睫毛異常(46.13%)、結膜充血(45.51%)、眼瞼色素沈着(19.20%)、虹彩色素沈着(12.38%)、眼・眼瞼瘙痒症(11.46%)、角膜糜爛(5.26%)、眼瞼多毛症(5.26%)、結膜浮腫(4.95%)、眼異常感(4.64%)、結膜炎(3.41%)、眼瞼紅斑(2.79%)、眼瞼浮腫(2.48%)、窪んだ眼(2.17%)、眼刺激(1.86%)、眼瞼障害(1.86%)、結膜出血(1.86%)、点状角膜炎(1.86%)、霧視(1.55%)、眼脂(1.24%)であった。

これに対する医学用語は睫毛貧毛症であるが、FDAの承認は純粋に美容目的のためである[6]。特に興味深いのは、この作用が罹患側(点眼していた方)の眼にのみ認められた事である[9]。他の点眼薬を並存する時は、5分以上間隔を開けて点眼する事[1][2]。美容目的での使用トラボプロストやラタノプロストといった眼科用プロスタグランジンを使用した患者において、睫毛の直径、密度、長さの増加が認められた。

化粧品としてのビマトプロストの処方はLatisse(ラティース)として提供されている[3]。両目ではブラシ2本(各1滴)を用いる。

脂質低下の発現機序は明らかにされていないが、ビマトプロストは脂肪細胞の異化・生存に関係するプロスタグランジンF2α(PGF2α)に化学的に類似している[14]。外用液の治験での副作用現れて率は16.2%で、主な副作用は、皮膚色素過剰(4.76%)、結膜充血(2.86%)、眼脂(2.86%)、眼乾燥(1.9%)、点状角膜炎(1.9%)であった[16]。アメリカ合衆国、カナダ、ヨーロッパではアラガンによってLumigan(ルミガン)のアイテム名で提供されている。

その中身は、「ビマトプロストの過量投与により薬効が減弱し、視神経を損傷し視力低下あるいは失明に至る危ういがある」とのものであった。

アラガンは化粧品薬としてのルミガンの用法を調べる臨床試験を開始し、2008年12月5日、FDA皮膚科および眼科薬諮問委員会は睫毛を濃く、永らくするための美容目的でビマトプロストを承認した[5]。日本では千寿製薬が製造提供している。

この影響はビマトプロストで発現した3例の眼瞼溝深化を説明可能なと思われる[13]。頭部毛髪移植術施行中の男性患者を対象に、頭髪再向上を目的とした臨床試験が試行された[7]。ビマトプロスト(Bimatoprost)は、緑内障の進行制御や眼内圧亢進の管理のために(点眼薬として)局所的に使用されるプロスタグランジン仕組み類似体/専門家ドラッグである。

(2回以上点眼すると効果が減弱する見込みがある。

)グラッシュビスタ外用液:睫毛貧毛症1日1回1滴を専門の使い捨てブラシに滴下して片目の上眼瞼辺縁部の睫毛基部に塗布する。

この作用は可逆的であり、ビマトプロスト打ち切りにより回復した[10][11][12]。目次1効能・影響・用法・用量2有効性3美容目的での使用4脂質減少作用5添加物6副作用7関連8ポイント文献9外部リンク効能・成果・用法・用量ルミガン点眼液:緑内障、高眼圧症1日1回1滴点眼する。