最近のコンテンツは面白いのだけど、うまく乗れない。そう思っていたときに往年の名作・旧作が個人として復活したこと […]