その人が作ったものがいかに素晴らしかろうと、価格のことは知らないでいるのが良いというのが剤の基本的考え方です。 […]